2006年03月08日

「アメリカ南部ハリケーン・カトリーナ」支援報告

 CODEは昨年9月11日からアメリカ南部で甚大な被害を出した「アメリカ南部ハリケーン・カトリーナ」の支援募金を始めたところ、皆様の温かいご協力のおかげで248,383円のご寄付が寄せられました。また、CODEが販売しているホワイトバンドの売上の一部である180,000円を合わせると計428,383円となりました。CODEは効果的なカトリーナ支援を行っている以下の2つの団体を支援することを決定し、送金しましたのでご報告いたします。
(10月末までのホワイトバンド(300円)の売上のうち、100円をハリケーン支援に使わせていただいております)

1.全米災害救援ボランティア機構(NVOAD)
日本災害救援ボランティアネットワーク(NVNAD)を通して、NVOADを支援しました。NVOADは、1970年に設立された全米の災害NPOが加盟する組織です。NVOADは、アメリカ合衆国内とその領域において、災害時に活動するボランティア組織の間で調整したり、コミュニケーションを図ったり、協力、連携するのを促進しています。さらに、防災計画、災害救援、災害からの復興、減災のあらゆる場面において、ボランティア組織と行政や企業との間の関係構築も促しています。
NVOADにはアメリカ赤十字社など39の団体が、メンバー団体として参加しています。そのうち33以上の団体がハリケーン・カトリーナに対して支援を行っています。(http://www.nvoad.org/)
寄付金額: 179,600円


2.Christian Children's Fund(CCF)
CCFは日清戦争で強制移動させられたり、孤児になったりした中国の子どもたちを支援したことがきっかけで、1938年に設立されたアメリカのNGOです。その後、アメリカ国内外で子どもの支援を行っています。アメリカでは、ミシシッピ州、モンタナ州などで約107,000人の低所得者とその子どもを、様々なプログラムを通して支援しています。
アメリカのハリケーンでは、CCF緊急チームはハリケーンで被害を受けた地元の家族を支援するため、また避難者らがミシシッピ州に移り住むのを助けるため、ミシシッピ州のCCFのスタッフと地元提携団体と共に活動をしています。ハリケーンの影響を強く受けた沿岸部は大きく報道されています。しかし、ミシシッピ州の中部や北部は大きな被害を受けたにも関わらず注目されていません。そこで、CCFはミシシッピ州で子どもたちへの学用品の提供、精神的なサポート、放課後プログラムの実施などを行っています。(http://www.christianchildrensfund.org/)
寄付金額: 248,783円

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CODE 海外災害援助市民センター


posted by code at 01:03| NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。